ホーム>研修・講習会>中堅社員活性化研修 イメージ

研修・講習会

中堅社員活性化研修

対 象

中堅社員(20代後半〜30代前半)

概 要

  • 中堅社員としての能力をさらにブラッシュアップし、将来の幹部候補生として「経営への関心」と「問題解決能力」を磨き、活力あふれる戦力となることを目指します。

…ケーススタディ・グループ討議などを通じて、体験的な理解と職場での具体的問題点の検討などを実践的に進めます。

時間割

各日9:30開始~16:30終了予定(昼休み:12:00~13:00)
1日目 2日目
1 中堅社員の立場と役割
(1)中堅社員が当面する課題
(2)求められる立場・役割
(3)期待される主体的な行動

2 経営への関心
(1)会社の使命と役割
(2)経営活動とは何か
(3)会社の財務状況を知る
(4)コスト意識を持つ
(5)顧客志向で考える

3 問題解決力を養う
(1)問題とは何か
(2)問題意識を持とう
(3)問題解決に取り組む
(4)企画提案力を鍛える
4 職場の人間関係
(1)ふさわしいコミュニケーション力
(2)「報・連・相」情報の共有化
(3)人間関係を円滑にする
(4)相互理解促進のために
(5)上司を補佐するフォロワーシップ

5 後輩の指導・育成
(1)大切な信頼関係
(2)効果的な仕事の教え方
(3)やる気を引き出す動機づけ

6 キャリア形成の取組み
(1)なぜキャリア目標が必要か
(2)キャリア目標を考える
(3)私のキャリア目標の発表

7 研修のまとめ

開催日程(定員36名)

コース 6コース 2019年11月21日(木)・11月22日(金) 7コース 2019年11月28日(木)・11月29日(金)
会 場 東京洋服会館
新宿区市谷八幡町13
市ヶ谷駅徒歩3分
講 師 田邉 康雄 金井 進

講師プロフィール

田邉 康雄(たなべ やすお) 東京都職業能力開発協会 専任講師
NEC(株)出身。在職中は、中央官庁の大規模ICTシステム構築にSE・PMとして従事、さらに自社内でのeマーケティング、Webマーケティング企画戦略を推進し、情報サービスグループ部長、企業戦略WEB管理部長などを歴任。現在は、学校法人中央情報学園、学校法人白梅学園大学等で情報処理・情報科学・webマーケティング・AI活用分野の教鞭をとっている。IPA特種情報処理技術者、ITマスターの資格を持つ。
金井 進(かない すすむ) 東京都職業能力開発協会 専任講師
メーカー及び小売業にて、経営コンサルタントおよび研修講師に30余年携わる。その幅広い経験を活かし、対話形式の独自の教育スタイルを確立し、現在は研修講師として活躍中。 専門分野は、中堅社員研修、リーダー養成研修、管理職研修を中心とした階層別研修及び「会社の数字その基本と常識(仕事への活用)」、「やさしい経営分析」等、ビジネスパーソン必須のスキル研修を担当。中小企業診断士、(財)生涯学習開発財団「認定コーチ」、日本臨床心理学会会員。

受講料(1名様・税込)

会員事業所 \20,000(当協会の会員制度にご加入いただいている事業所)
一般事業所 \25,000(上記以外の事業所)

  • 一般事業所様でも、お申込までにご入会いただければ、会員料金を適用致します。

募集期間

8月19日(月)〜 8月26日(月)17時締切受講申込書にご記入の上、Faxでお申込下さい。)

  • 応募者多数の場合は当協会会員優先の抽選となります(先着順の受付ではございません)。
  • 応募が少ない場合は、開催中止となることがございます。
  • お申込は、1社6名様まででお願い致します。
  • 受講の可否については、締切後数日中にご連絡致します。なお、受講希望者様全員が第1希望で受講いただける場合のみFaxでのご連絡とさせていただきます。第1希望で受講いただけない場合は、電話にてご連絡致します。
  • 締切後の受講お申込は、定員に空きがある場合に限り随時お受け致します。空き状況は電話にてお問合せ下さい。

その他

  • 受講確定後のキャンセルは、お申込のコースの開催初日の10営業日前までにお申出の場合に限り、お受け致します。(6コース:11/7(木)、7コース:11/14(木)が10営業日前にあたります)これ以後にお申出の場合、受講料は返金致しかねます(全額を申し受けます)ので、ご注意下さい。
  • 内容・日程・会場・担当講師等は、変更となる場合がございます。

お問合せ

東京都職業能力開発協会 〒102-8113 東京都千代田区飯田橋3-10-3 東京しごとセンター7階
振興課 03-5211-2352 ※間違い電話にご注意下さい

■下のPDFファイルをダウンロードしてください。

■Adobe Reader(無償配布)の入手方法

Adobe Reader 上記のPDFファイルを開くためには、Adobe Acrobat Reader(無償配布)が必要になります。お持ちのパソコンにAdobe Acrobat Readerがインストールされてない場合は、ここからダウンロードすることができます。

イメージ
戻る←