ホーム>研修・講習会>新たな産業変化とICTの利活用 イメージ

研修・講習会

テーマ研修 新たな産業変化とICTの利活用
〜ビッグデータ、IOT、AIでビジネスはどう変わるか〜

対 象

係長級以上で経営に関わる方(職種は問わず)   ※PCは使用しません

概 要

 「AI(人工知能)技術の発達で自分たちの仕事が奪われるのではないか…」という不安がここ数年ビジネス界に蔓延しつつあります。最近では、将棋に続き囲碁のチャンピオンまでもAIロボットに敗れるなど、技術の進展のスピードは目覚ましいものがあり、自分の会社やビジネスの行く末が気になる方も多いのではないでしょうか。実は、こうした動きは産業の大規模な構造変化と密接に結びついたものであり、既にドイツ、アメリカ等の先進国では、これまで蓄積したICT(情報技術)を基に、着々と産業構造変革を本格的に進めています。やや遅れて日本でもこれらの動きをキャッチアップした先行導入事例が出始めたところと言えます。
 この研修では、第4次産業革命と呼ばれるこの産業構造変革を概観しながら、中堅・中小企業の事例を主に大企業のビジネス事例も紹介することで、その変化をイメージしていただくとともに、技術の中心であるビッグデータ、IOT、AIの概要と仕組み及び今後の利活用についての方向性を掴むことを狙いとします。

時間割

9:30開始〜16:30終了予定(昼休み:12:00〜13:00)
1、新たな産業変化とは何か

@イントロダクション:今起きている身の周りの変化
・今やPCよりスマートフォンを使う人が大勢を占める
・スマートフォンによるサービスの巨大化
・ビジネス界に進んでいる異業種間の吸収・合併

A新たな産業構造の変化
・ドイツ、アメリカで先行する第4次産業革命

B最新ビジネス事例紹介
2、ICTの発展はビジネスにどんな影響を与え、それをどう活用すべきか

@技術の変化とその影響
・インフラの変化の影響(大きなレベルから手もとまで)
・ビジネスの質的な変化

Aこれからのビジネス発展にICTをどう活用するか
・情報化による投資効果の考え方
・サイバーセキュリティ確保の必要性
・今後のIOT、AIの活用に向けて

開催日程

平成30年2月8日(木)(定員36名)

会場

東京洋服会館 ジェントリーホール(新宿区市谷八幡町13・市ヶ谷駅徒歩3分)

講師プロフィール

田邉 康雄(たなべ やすお) 東京都職業能力開発協会専任講師
NEC(株)出身。在職中は、中央官庁の大規模ICTシステム構築にSE・PMとして従事、情報サービスグループ部長、企業戦略WEB管理部長などを歴任。現在は、学校法人中央情報学園、学校法人白梅学園大学等で情報処理・情報科学分野の教鞭をとっている。IPA特種情報処理技術者、ITマスターの資格を持つ。

受講料(1名様・税込)

会員事業所 \10,000(当協会の会員制度にご加入いただいている事業所)
一般事業所 \15,000(上記以外の事業所)

  • 一般事業所様でも、お申込までにご入会いただければ、会員料金を適用致します。
  • 『職業能力開発推進者選任調べの届出』と、当協会の会員制度への『入会』は異なるものです。

募集期間

平成29年12月6日(水)〜 12月13日(水)17時 締切受講申込書にご記入の上、Faxでお申込下さい。)

  • 応募者多数の場合は当協会会員優先の抽選となります(先着順の受付ではございません)。
  • 応募が少ない場合は、開催中止となることがございます。
  • お申込は、1社6名様まででお願い致します。
  • 受講の可否については、締切後数日中にご連絡致します。なお、受講希望者様全員が受講いただける場合のみFaxでのご連絡とさせていただきます。受講いただけない方が出た場合は、電話にてご連絡致します。
  • 締切後の受講お申込は、定員に空きがある場合に限り随時お受け致します。空き状況は電話にてお問合せ下さい。

その他

  • 受講確定後のキャンセルは、開催初日の10営業日前(当コースでは1/25(木))までにお申出の場合に限りお受け致します。これ以後にお申出の場合、受講料は返金致しかねます(全額を申し受けます)ので、ご注意下さい。
  • 当研修は、東京都中小企業職業訓練助成金の支給対象となる場合がございます。東京都中小企業職業訓練助成金については、東京都産業労働局雇用就業部能力開発課(TEL:03-5320-4718)へお問合せ下さい。
  • 内容・日程・会場・担当講師等は、変更となる場合がございます。

お問合せ

東京都職業能力開発協会 〒102-8113 東京都千代田区飯田橋3-10-3 東京しごとセンター7階
振興課 03-5211-2352 ※間違い電話にご注意下さい

■下のPDFファイルをダウンロードしてください。

■Adobe Reader(無償配布)の入手方法

Adobe Reader 上記のPDFファイルを開くためには、Adobe Acrobat Reader(無償配布)が必要になります。お持ちのパソコンにAdobe Acrobat Readerがインストールされてない場合は、ここからダウンロードすることができます。

イメージ