ホーム>研修・講習会>管理者のための実践人事考課研修 イメージ

研修・講習会

管理者のための実践人事考課研修

対 象

  • 評価を行う管理者、及びその予定者
  • 新任管理者で、人事考課の意義や目的、その運用方法を学びたいとお考えの方
  • 既に人事考課を行っているが、改めて人事考課の基本を整理したいとお考えの方
  • 人事・総務部門担当で、人事考課制度の改善や改訂を進められている方

概 要

 経営環境変化の大きい中、システム面の改革や少子高齢化を見据えた人材育成のニーズなどから、求められる人材像を人事考課という仕組みを通じてどのように社員にアピールすべきか、人事考課の結果を新たな動機づけへどのように結びつけていくか取り組みが始まっています。

 そして、運用面では評価者個々の「評価の軸」がブレないことが重要です。

 当研修の中で、人事考課をめぐる変化から「目的」や「運用方法」のポイントを、講義と実践的な演習を通して学びます。

時間割

9:30開始〜16:30終了予定(昼休み:12:00〜13:00)
1 はじめに…人事考課の目的
2 人事考課の内容
3 人事考課の実施方法
4 考課点の算出と調整方法
5 人事考課の活用方法
6 正しい考課を行うための方法
7 演習問題@と解説
8 演習問題Aと解説
9 演習問題Bと解説
10 総合演習とまとめ
※新型コロナウイルス感染症対策として、講義の進行方法等を変更する場合がございます。予めご了承ください。

開催日程

令和3年10月12日(火)(定員30名)

会 場

東京都職業能力開発協会 4 階A
千代田区内神田1-1-5 東京都産業労働局神田庁舎4 階(大手町駅徒歩5 分、神田駅・小川町駅徒歩10 分)

講師プロフィール

原 哲夫(たかはら てつお) 東京都職業能力開発協会 専任講師
キヤノンマーケティングジャパン(株)出身。法人大手企業への営業部門で担当営業、プレイングマネジャーを経て、直販部門の教育計画部長として教育体系の構築と実践を推進。その後研修本部の営業研修部長、人材開発のファシリテーターとして組織内リーダーシップ人材の育成に尽力。また、知識の体系化を図って大学院での学びを加えて、受講生一人ひとりがその特性から“自分の立場役割を理解して、自ら考え、自身を管理して、問題解決への行動を実践できる”「自律した個」として活躍できる組織人材の育成が信条。産業カウンセラー、キャリアコンサルタント。

受講料(1名様・税込)

会員事業所 \11,000(税抜¥10,000)(当協会の会員制度にご加入いただいている事業所)
一般事業所 \17,000(税抜¥15,455)(上記以外の事業所)

  • 一般事業所様でも、お申込までにご入会いただければ、会員料金を適用致します。

募集期間

9月16日(木)〜 9月29日(水)12時 締切受講申込書にご記入の上、Faxでお申込下さい。)

  • 応募者多数の場合は当協会会員優先の抽選となります(先着順の受付ではございません)。
  • 応募が少ない場合や新型コロナウィルス感染症の情勢の変化等により、開催中止となることがございます。
  • お申込みは、1社6名様まででお願い致します。
  • 受講の可否については、締切後数日中にご連絡致します。なお、受講希望者様全員が受講いただける場合のみ、Faxでのご連絡とさせていただきます。受講いただけない方が出た場合は、電話にてご連絡致します。
  • 締切後の受講お申込は、定員に空きがある場合に限り随時お受け致します。空き状況は電話にてお問合せ下さい。

その他

  • 受講確定後のキャンセルは、開催初日の開催初日の10営業日前営業日前までにお申出の場合に限りお受けしておりますが、今回に限り9/30(木)までにお申出の場合、お受け致します。これ以後にお申出の場合、受講料は返金致しかねます(全額を申し受けます)ので、ご注意下さい。
  • 当研修は、東京都中小企業職業訓練助成金の支給対象となる場合がございます。東京都中小企業職業訓練助成金については、東京都産業労働局雇用就業部能力開発課(TEL:03-5320-4718)へお問合せ下さい。
  • 内容・日程・会場・担当講師等は、変更となる場合がございます。
  • 新型コロナウイルス感染症 拡大防止のため、通常時より定員を減らす等の対策を講じて開催いたします。また、受講者の皆様は、マスク着用・ご来場前の体温測定・体調不良時の出席見合わせなどにご協力をお願い致します。

お問合せ

東京都職業能力開発協会 〒101-8527 東京都千代田区内神田1-1-5 東京都産業労働局神田庁舎5 階
振興課 TEL:03-6631-6051 ※所在地・電話番号が変わりました

■下のPDFファイルをダウンロードしてください。

■Adobe Reader(無償配布)の入手方法

Adobe Reader 上記のPDFファイルを開くためには、Adobe Acrobat Reader(無償配布)が必要になります。お持ちのパソコンにAdobe Acrobat Readerがインストールされてない場合は、ここからダウンロードすることができます。

イメージ