ホーム>研修・講習会>管理職(課長)実践研修 イメージ

研修・講習会

管理職(課長)実践研修

対象

課長職相当の実務を1〜2年以上行っている方

概要

  • 課長の職位に求められる役割を整理し、会社全体の戦略や外部環境の変化を職場づくりや方向づけに活かしていける能力を養う。
  • 管理職として何をするべきかを再認識し、目標や課題を達成できる戦略行動型マネジャーを養成する。
  • 管理職としての自分の適性を知って対応策を考え、課長の職責と権限を明らかにした部下育成や職場づくりができる能力に磨きをかける。
    …事例研究中心にすすめます。管理職してあるべき姿を整理し、気づきを得て、会社や職場が成長するための実践に結びつけていただきたい

時間割

各日9:30開始〜16:30終了予定(昼休み:12:00〜13:00)
1日目 2日目
1 管理職の立場と役割
 (1)管理者としての自分の信条
 (2)われわれの役割
 (3)管理職の仕事と理性・感性
 (4)管理者としての自己評価
 (5)管理の基本
   ・管理の基本的な考え方

2 組織への働きかけ
 (1)計画の目的と計画のたて方
 (2)仕事の割り当て
   ・適材適所
 (3)指示命令
   ・指示命令の与え方
 (4)調整のための話し合い方
3 人の行動の理解
 (1)人の本性
 (2)二つの原理
 (3)人の行動を理解する
 (4)人さまざま
 (5)相互理解

4 人の欲求と職場管理
 (1)職場における欲求不満の管理
   ・欲求不満
   ・ストレス耐性
 (2)職場の問題処理
   ・人に対する問題の処理

5 部下の成長
 (1)部下育成の責任
 (2)よい態度の啓発

6 リーダーシップの発揮
 (1)リーダーシップ行動
 (2)よいリーダーシップとは

開催日程

平成29年6月27日(火)・28日(水)(定員30名)
今後の予定
 3コース 11月中旬
 4コース 12月上旬

会 場

東京都左官工業協同組合(新宿区揚場町1-21 飯田橋駅徒歩2分)

講師プロフィール

河野 樹夫(こうの しげお) 東京都職業能力開発協会 専任講師
キリンビール(株)出身。在職中は工場の生産管理・品質管理・研究開発・事業開発・工場経営を歴任。人材育成に関しては、技術職の省力化とFA化に伴う技能訓練に注力。研究開発部門では研究員の技術開発力向上に腐心した。また、技術研修センター所長として、全社的な技術員・技能職の人材育成に貢献。
東京職業能力開発サービスセンター人材育成コンサルタントとして、企業訪問や講習会の講師として普及指導に当たった。
現在は東京都職業能力開発協会専任講師として活躍の傍ら、経営コンサルタントとして数社の指導を行っている。

受講料(1名様・税込)

会員事業所 \20,000(当協会の会員制度にご加入いただいている事業所)
一般事業所 \25,000(上記以外の事業所)

  • 一般事業所様でも、お申込までにご入会いただければ、会員料金を適用致します。
  • 『職業能力開発推進者選任調べの届出』と、当協会の会員制度への『入会』は異なるものです。

募集期間

平成29年5月11日(木)〜 5月18日(木)17時締切受講申込書にご記入の上、Faxでお申込下さい。)

  • 応募者多数の場合は当協会会員優先の抽選となります(先着順の受付ではございません)。
  • 応募が少ない場合は、開催中止となることがございます。
  • お申込は、1コースにつき1社5名様まででお願い致します。
  • 受講の可否については、締切後数日中にご連絡致します。なお、受講希望者様全員が第1希望で受講いただける場合のみFaxでのご連絡とさせていただきます。第1希望で受講いただけない場合は、電話にてご連絡致します。
  • 締切後の受講お申込は、定員に空きがある場合に限り随時お受け致します。空き状況は電話にてお問合せ下さい。

その他

  • 受講確定後のキャンセルは、開催初日の10営業日前(当コースでは6/13(火))までにお申出の場合に限り、お受け致します。これ以後にお申出の場合、受講料は返金致しかねます(全額を申し受けます)ので、ご注意下さい。
  • 当研修は、東京都中小企業職業訓練助成金の支給対象となる場合がございます。東京都中小企業職業訓練助成金については、東京都産業労働局雇用就業部能力開発課(TEL:03-5320-4718)へお問合せ下さい。
  • 内容・日程・会場・担当講師等は、変更となる場合がございます。

お問合せ

東京都職業能力開発協会 〒102-8113 東京都千代田区飯田橋3-10-3 東京しごとセンター7階
振興課 03-5211-2352 ※間違い電話にご注意下さい

■下のPDFファイルをダウンロードしてください。

■Adobe Reader(無償配布)の入手方法

Adobe Reader 上記のPDFファイルを開くためには、Adobe Acrobat Reader(無償配布)が必要になります。お持ちのパソコンにAdobe Acrobat Readerがインストールされてない場合は、ここからダウンロードすることができます。

イメージ