ホーム>研修・講習会>職業能力開発推進者講習

研修・講習会

■ 平成27年度第1回 職業能力開発推進者講習 ■
■年間テーマ
「個と組織の成長の要、キャリア形成支援」
■日時
平成27年6月17日(水)、18日(木)午前9時30〜午後4時30分
■場所
東京都立中央・城北職業能力開発センター3階教室1・2
文京区後楽1-9-5(最寄駅:飯田橋)
■受講料
無料、但し教材「CADS」「CADI」「職場で活かすキャリア・サポート」の費用 \1,964(税込)を申し受けます。
講習テーマ
『導入レベルのキャリア・コンサルティング』
■ねらい
 標準レベルのキャリア・コンサルタントによるコンサルティングは経費などの面からすぐに実施できる訳ではありません。そこで職業能力開発推進者や上司などによる日常的な活動場面での支援が重要になります。こうした支援を「導入レベルのキャリア・コンサルティング」と位置づけ、これを担う人材の育成が急務です。本講習では主に企業の管理者や推進者等が、社員の主体的なキャリア形成を支援していくのに必要な知識やスキルを習得・体得していただくことを目的にしております。具体的には、キャリア形成支援ツール「CADS」「CADI」の使い方を習得し、キャリア形成支援運用の中心となる上司・部下の面接の理論を学び、実習を行います。
■カリキュラム(内容・時間設定を変更する場合があります)
6月17日(水) 6月18日(木)
9:30〜10:00
 ●研修の概要説明
10:00〜12:00
 ●社会経済環境の変化と企業の目的と責任
 ●主体的キャリア開発の重要性
9:30〜12:00
 ●CADSキャリア開発シートの活用(続き)
  > 能力要件分析
  > キャリアプラン
  > ライフプラン
12:00〜13:00  休憩 12:00〜13:00  休憩
13:00〜16:30
 ●CADIによる自己分析と自己理解
 ●CADSキャリア開発シートの活用
 ●キャリアおよびキャリアカウンセリングの理解
 ●職業能力評価基準の活用
13:00〜16:30
 ●CADSキャリア開発シートのまとめ
 ●傾聴技法
 ●全体のまとめ
 ●キャリア診断サービス
■講師プロフィール
井上 秀明 東京職業能力開発サービスセンター 人材育成コンサルタント
  • 外資系人材育成企業出身。25年以上に亘り企業の人材育成に携わる。市場開発、プログラム開発、人事制度コンサルタント、研修講師として人事・人材開発全般にかかわる。海外赴任者のための異文化マネジメント研修を開発、企業で実施好評を得る。
  • 国家資格2級キャリアコンサルティング技能士。ジョブカードキャリアコンサルタント。株式会社富士ゼロックス総合教育研究所専属講師。ASTD(米国人材開発機構)グローバルネットワークジャパン理事。日本キャリアカウンセリング研究会会員。ASTD会員。

平井 美知子 東京職業能力開発サービスセンター キャリア形成サポーター
  • 日本航空(株)出身。専門学校講師、医療機関にて顧客サービス・各職種研修を経て、医療系グループにて研修インストラクター他、企業研修、大学にてキャリア教育に従事。産業カウンセラー/キャリアコンサルティング技能士2級、社団法人国際パフォーマンス教育協会認定パフォーマンスインストラクター。

○申込方法
下記の申込書にご記入の上、Faxにて4月8日(水)〜5月20日(水)の期間内にお申込みください 但し、全2日間受講できる方に限らせていただきます
上記期間以外の場合は東京職業能力開発サービスセンターへご相談下さい。
○受者決定
先着36名様。過去に受講歴のある方も申し込みできます。
受付順位が37番以降の方はキャンセル待ちとなります。
○受講票
受講決定者には受講票を開催日2週間前迄にお送りいたします。当日必ずご持参下さい。
○教材費
\ 1,964(税込み)を申し受けます。受講票と共に教材費振込用紙を送付致します。
○会場案内
「受講票」に記載する案内図をご参照ください。
○修了証書
全2日間・全時間受講した方を修了者と認定します。
修了者には東京都職業能力開発協会会長名の修了証書が交付されます。
○申込人数
原則として1社につき1名に限ります。
○主催・お申込み・お問い合わせ
東京都職業能力開発協会 東京職業能力開発サービスセンター
〒102-8113東京都千代田区飯田橋3-10-3 東京しごとセンター7階
Tel:03−5211−2355  Fax:03−5211−2359

<個人情報の取扱いについて>
この申込み用紙に記載された情報は、当協会が実施する研修等の人材育成事業以外には利用いたしません。また情報の管理は適切に行ない、第三者への提供、開示等は一切いたしません。


■申込書は下のPDFファイルをダウンロードしてください。

■Adobe Reader(無償配布)の入手方法

Adobe Reader 上記のPDFファイルを開くためには、Adobe Acrobat Reader(無償配布)が必要になります。お持ちのパソコンにAdobe Acrobat Readerがインストールされてない場合は、ここからダウンロードすることができます。

イメージ
戻る←