ホーム>研修・講習会>職業能力開発推進者経験交流プラザ イメージ

研修・講習会

平成28年度第3回 職業能力開発推進者経験交流プラザ全体会

テーマ「 人が育つ企業が育つキャリア形成 」
〜グッドキャリア企業アワード2016(厚生労働大臣)・東京都中小企業技能人材育成賞(東京都知事)受賞企業の事例発表〜


 本テーマに沿った基調講演および受賞企業の事例を発表していただきます。
それに基づいて参加者(およそ50名)も含めて意見交換を行い、相互の交流と啓発を図ろうとするものです。

日 時

平成29年2月27日(月)13時30分 〜16時30分

場 所

千代田区飯田橋3-10-3 東京しごとセンター 5階セミナー室

受講料

無 料

司会者

東京職業能力開発サービスセンター 人材育成コンサルタント 山田 勝公

テーマ『キャリア支援の新たな展開』
基調講演 公益財団法人日本生産性本部 参与 北浦 正行 氏

北浦 正行氏 プロフィール:(公財)日本生産性本部参与。武蔵大学客員教授。
 一橋大学卒業後、労働省に入省し、各局に勤務を経て1996年退職。同年(財)社会経済生産性本部(現在は日本生産性本部)に入職して社会労働部長、事務局次長、参事を経て、現在参与。人事労務管理、労使関係、労働政策などを専門に、各種の調査研究や執筆・講演活動。厚生労働省職業能力開発専門員、キャリアコンサルティング研究会その他の政府関係の委員会・研究会委員多数。(一社)人材派遣協会顧問、(一社)日本テレワーク協会副会長等も兼任。

事例発表I 株式会社 飯山特殊硝子 業務課 課長 島 正知 氏
        平成28年度東京都中小企業技能人材育成大賞(東京都知事)を受賞

事例発表概要:〇新入社員に熟練者の責任担当者がOJT指導を行っている。指導内容の確認も行い、指導能力の育成も図っている。〇社員一人ひとりの各工程の習熟度が一目で分かる『多能工マップ』や個人技術目標を社内掲示しており、各人の技術の向上に役立てている。〇技量による6段階の社内資格を設け、資格に応じた職制手当を支給し、技術向上を図っている。

企業紹介:大田区で精密硝子加工業を営み、今年で創業75年目。様々なガラス材料を用いて光学用や電子機器用のパーツを加工し各分野の研究所や製造工程に供給。様々な業種、特にR&D部門の研究・設計者からの受託加工が主体。半導体・液晶露光装置用光学部品の製造で培った技術にて、研究開発段階の可視化評価用部品・研究開発用試作用部品の「1個から」の少量多品種に対応。

事例発表II イーソル株式会社 管理部 人材開発担当課長 澤田 綾子 氏
        グッドキャリア企業アワード2016イノベーション賞受賞企業

事例発表概要:〇中堅企業として、専門的なキャリア形成支援サービスを網羅的に展開。
〇具体的には、2・3・5・10年次に節目研修を実施し、キャリアの振り返りと今後のキャリアプランを検討する機会を設定するほか、社内キャリアコンサルタント及び社外EAP機関への相談体制の確保、人事考課基準(各能力等級の人材イメージや点数配分、昇格・降格の基準など)の公開と評価者研修の実施により公正な人事考課を実施。

企業紹介:革新的なコンピュータテクノロジーで豊かなIoT社会を創造する、1975年創業のリーディング企業として、組込みソフトウェア業界、および流通・物流業界で実績を重ねてきた。リアルタイムOS技術を核とするソフトウェアプラットフォーム製品とプロフェッショナルサービスは、厳しい品質基準が求められる車載システムを筆頭に、FA、人工衛星、デジタル家電を含むあらゆる分野で、世界中で採用されている。最先端の自社製品の研究・開発や、主要メーカーや大学機関との共同研究に加え、AUTOSAR、マルチ・メニーコア技術の標準化活動を積極的に進めている。
業種:情報サービス業 所在地:東京都中野区 従業員数:381人(男性322人/女性59人、うち非正規雇用17人)平均年齢:38歳


事例発表III キヤノン株式会社 人事本部 ヒューマンリレーションズ推進センター
        ヒューマンリレーションズ推進課 社員サポート担当主幹 杉山 修 氏
        グッドキャリア企業アワード2016大賞受賞企業

事例発表概要:〇研修を主体とする人材開発部門と従業員の相談業務を主体とする部門(キャリアコンサルタント等、専任の専門家を配置)が双方から従業員のキャリア形成をサポート。〇社員の自律的なキャリア形成と適材適所の配置の実現のため、2005年度から「キャリアマッチング制度」「キャリア形成支援面談」を実施。制度定着とともに社員の活用が増加している。
2016年度からは、3〜6ヶ月の能力開発と組み合わせた社内公募制度である「研修型キャリアマッチング制度」を開始。
〇階層別研修や選択研修を実施するほか、e-ラーニング講座の提供等、自己啓発の機会を整備。 機械、電気といった5つ主要分野では、分野ごとに「技術人材育成委員会」を設置、社内有識者の声をふまえ、新入社員からリーダーに至るまで階層に応じた育成体系の構築、研修等を実施。

企業紹介:主な事業内容として、オフィスビジネス(オフィス複合機、レーザー複合機、レーザープリンターなど)、イメージングシステムビジネス(レンズ交換式デジタルカメラ、コンパクトデジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、交換レンズ、インクジェットプリンターなど)、産業機器、その他ビジネス(半導体露光装置、フラットパネルディスプレー露光装置、医療画像記録機器など)を事業とする。
業種:情報通信機械器具製造業 所在地:東京都大田区 従業員数:26,360人(男性22,390人/女性3,990人、うち非正規雇用157人)平均年齢:42歳 創業年:1937年



申込方法

  • 下記申込書にご記入の上、FAXにて1月6日(金)より2月20日(月)までの期間内にお申し込み下さい。
  • 上記期間以外のお申込みについては、東京職業能力開発サービスセンターにご相談ください。
  • 参加定員は申込先着順の50名様です、参加者の方には2月22日までに「参加票」をお送りいたします、当日必ずご持参下さい。

お申込み・お問い合わせ

東京都職業能力開発協会 東京職業能力開発サービスセンター
東京都千代田区飯田橋 3-10-3  東京しごとセンター7階
TEL03−5211−2355
申込用FAX03−5211−2359 中坂 宛

■下のPDFファイルをダウンロードしてください。

■Adobe Reader(無償配布)の入手方法

Adobe Reader 上記のPDFファイルを開くためには、Adobe Acrobat Reader(無償配布)が必要になります。お持ちのパソコンにAdobe Acrobat Readerがインストールされてない場合は、ここからダウンロードすることができます。

イメージ
戻る←