ものづくりマイスター・ITマスターとは


ものづくりに関して一定の技能・経験を有する方を、ものづくりマイスター・ITマスターに認定・登録します(中央技能振興センター)。若年技能者の人材育成に活躍して頂きます。

認定要件

ものづくりマイスターとは

次の1から3までのすべてに該当すること。

  1. 次のいずれかに該当する技能士等であること。
    ア 技能検定の特級・一級・単一等級の技能士
    イ 上記アと同等の技能を有していると認められる者
    ウ 技能五輪全国大会又は技能五輪国際大会レベルの技能競技大会の成績優秀者(上位第3位まで)
  2. 実務経験15年以上
  3. 技能の継承や後進者の育成に関して意欲を持って活動する意思及び能力がある者

  ものづくりマイスターが指導する対象分野(111職種)

ITマスターとは

次の1から3までのすべてに該当すること。

  1. 実務経験7年以上(情報技術に係る修士課程を修了している場合は実務経験5年以上で可)
  2. 次の情報技術関連の資格のいずれかを有する者
    ア 国家検定 情報処理技術者試験応用情報技術者試験合格者
    イ 国家検定 技能検定ウェブデザイン1級
    ウ 上記ア、イに相当する資格を有する者(ITSSのスキル習熟度レベル3~4に相当)
     (例:国家検定 情報処理技術者試験高度試験及び情報処理安全確保支援士試験合格者等)
    エ 上記ア、イ、ウの資格を有さない場合は、技能五輪全国大会又は若年者ものづくり競技大会のうち、ITマスター対象職種で優秀な成績を収めた者(銅賞以上の入賞者)
  3. 技能の継承や後継者の育成に意欲を持って活動する意思及び能力がある者
    ITマスター(ITマスターとはパンフレット)

取り組み

東京都技能振興コーナーを設けます

ものづくりマイスター・ITマスターの認定申請受付

東京都職業能力開発協会内に設置する東京都技能振興コーナーで受付けます。
※ 申請方法についてはこちらをご覧ください。

若年技能者の人材育成に係る相談・援助

従業員に新たな技能を習得させたいが、人材育成方法が分からないなど課題を抱えている企業様の相談をお待ちしています。

ものづくりマイスター・ITマスターを企業等へ派遣します

中小企業や工業高校等の要請に応じて、ものづくりマイスター・ITマスターを派遣し実技指導などの支援を行います。
(例) 技能の継承、後継者の育成(技能検定課題等を活用)
※ ものづくりマイスター・ITマスター派遣の謝礼や材料費は当協会で負担します(限度額あり)。

地域に出向き技能の振興を盛り上げます

  • 各地で小中学生対象にものづくり体験教室や工場見学会などを開きます。
    小・中学校等向けパンフレット
  • イベント「ものづくりフェア東京’18&技能士展」を開催します(新宿駅西口広場)。
  • 匠の技の高度技能を実演・披露します。
    地域における技能振興事業パンフレット
    ※ものづくり体験教室等技能者派遣の謝礼や材料費は当協会で負担します(限度額あり)。
  • 技能五輪全国大会など全国的な技能競技大会出場時の旅費等を支援します。
    ※中小企業在職者や学生等が対象となります。